『川田淳理事長が内閣総理大臣賞を受賞』


表彰区分「平成24年緑化推進運動功労者表彰」


このほどトカプチの森の川田淳理事長が内閣総理大臣より表彰を受けました。
音和の森、池田の森での自然環境保全や植樹活動、森林体験学習など、長年の取り組みについて功績が認められました。
トカプチの森としても大変うれしい受賞となりました。

表彰状phptp

<表 彰 状>

授賞式は、平成24年4月27日に東京の憲政記念館で「みどりの式典」で行われ、天皇皇后両陛下もご臨席されました。

<内閣総理大臣表彰発表 功績文より>
同氏は、建設業を創業しその傍ら、長年にわたり地域の環境保全と緑化推進に積極的に取り組んでいる。
失われた森林を再生し、後生に残すために「21世紀の音和を創る会」を設立し、「音和の森」を開設。
また、自身が理事長を務める「特定非営利活動法人トカプチの森」で管理・運営を行い、森林体験学習や調査研究活動を実施するなど自然林の保存に尽力。
区域の一部は、保健保安林の指定を受けている。

「池田の森」として造成した社有林は、地域住民の憩いの場となっており、また、植樹活動では世代間交流を通じて子どもたちに体験型の環境教育を行っている。更に、観察会の開催や野草の栽培、植物園の環境整備等を行うなど、強いリーダーシップを発揮して精力的、発展的に活動を繰り広げており、緑化推進及び自然環境の保全に寄与している。

表彰盾photo

<表 彰 盾>